働き方

2021.06.22

チャットレディは正社員でもできるのか?

オフィスにいる女性

働き方

2021.06.22

チャットレディは正社員でもできるのか?

チャットレディは正社員でもできるのか?

チャットレディのお仕事は、会社に雇用されるのではなく、仕事を請け負う業務委託です。

副業として大人気で、多くの方が本業のお仕事とは別にチャットのお仕事をしています。

最近では法人経営のチャットレディ代理店で、チャットレディの正社員雇用があるところも増えてきました。

今回のコラムでは、チャットレディを正社員でするメリットと、副業で働く違いをご紹介していきます。

 

チャットレディを正社員でするメリット

 

チャットレディは、自分の都合に合わせて自由に働くことができて、かつ高収入を得られるところに惹かれているのではないでしょうか。
正社員になると、せっかく自由が制限されてしまうのが不安という声もあると思います。

でも、チャットレディを正社員でするメリットはたくさんあります!

雇用保険と社会保険に加入できる

雇用保険に加入していると、失業した場合やお仕事を続けることが困難になって収入が減った時に条件を満たせば、失業給付金や育児休業給付金、介護休業給付金などの給付金を受け取ることができます。

条件とは、所定労働時間(休憩時間を除く労働時間)が1週間で20時間以上あること、雇用見込み期間が31日以上あることです。
つまり、週休2日なら1日8時間以上働く計算になります。

社会保険には、健康保険や厚生年金保険、労災保険などが含まれ、正社員であれば会社が手続きしてくれ、保険料の半分を負担してくます。
正社員じゃないと自分で加入手続きをしなければいけませんし、社会保険料も全額自己負担になってしまいます。

確定申告をしなくていい

業務委託だと、自分で経費を計上して確定申告をしなければなりません。
間違いなく申請するために、日頃から領収書をもらって整理整頓したり、これは経費で落ちるのかなど考えなければならず、めんどくさいという方も多いかと思います。

正社員になれば、年末調整を会社が行ってくれるため手間がかかりません。これだけで年に一度の大きなストレスが減ったと感じるのではないのでしょうか。

収入が安定する

頑張れば頑張った分だけ報酬が増え、高収入を得られるチャットレディですが、働く時間が取れなかったり、怪我や病気で働けなくなると、収入が大幅に減ってしまいます。

正社員は、このようなリスクを安定した給料を毎月もらえて回避でき、収入が安定するのがおそらく一番最大のメリットでしょう。
毎月決められた日に決められたお給料をもらえるので、生活のプランも決めやすくなります。

 

副業との違いは?

 

副業の場合は好きなときにいつでも働けますが、正社員として本業で働く場合は、9時から18時までなど固定勤務となります。
勤務時間は昼か夜間の時間帯を指定され、週に5日間は働く必要があります。

固定給は安定感がありますが、業務委託と異なりそれ以上は稼げなくなり頑張った分だけ報酬に反映されるということはなくなります。

チャットレディのお仕事は正社員と副業、どちらにもメリットデメリットがあることがわかります。
それぞれのメリットをいいとこ取りする理想の働き方として、本業は正社員で、副業にチャットレディをするという働き方があります。

そうすれば、本業の安定した収入と、チャットレディの高収入をどちらも得ることができるのでおすすめです。

正社員は、社会的信頼度が高く多くの人が求める働き方ですが、チャットレディでは必ずしも正社員の方がいいというわけではありません。
安定感のある正社員か、高収入の可能性がある業務委託か、チャットレディをこれから始めたいという方はそれぞれの良さを理解して、あなたにあう働き方を探ってみてくださいね。

ここまで読んでいただきありがとうございました。