確定申告

2021.07.13

確定申告は税理士に任せるべき?

パソコンを見ながら説明を受ける女性

確定申告

2021.07.13

確定申告は税理士に任せるべき?

確定申告は税理士に任せるべき?

毎月の仕訳や確定申告書類の作成に頭を抱えているチャットレディの方が多いのではないでしょうか?
算数も数学も苦手だったのに「いきなりこんなの無理!」と全て投げ出す前に、是非この記事を読んでくださいね!

税理士には確定申告書類作成のみを任せることも可能ですし、個人事業主ではそういった方が多いそうです。

また、税金関係についてどうしたらいいのかわからない小さなことも相談に乗ってくれるはず!
こういう時頼りになる人が欲しいなと思っている方は一度税理士に相談してみることをおすすめいたします。
この記事では税理士にお願いできるお仕事や、収支の管理を税理士に任せた場合のメリットやデメリットは?といった疑問に関してご紹介させていただきます。

まず、税理士には税理士にしかできないお仕事が3つあります。

税務書類の作成
原則、税務申告書や届出関係の書類は、個人事業主本人が作成することになっていますが内容が結構複雑な上にとってもめんどくさい!
ですので、税理士が個人事業主に代わって作成することが認められています。
税務代理
税務代理の範囲は幅広く、税金の申告や申請・届け出を企業に代わって税務署や市役所等の自治体に行うこと、税務調査への立ち会い、税務署等の決定などへの不服申し立てなども業務に含まれます。
税務相談
税務相談とは税務書類等の作成に対する、その事業主ごとの『具体的な相談』のことです。

上記の内容を踏まえ、相談するべきかどうかを考えてみてくださいね!

 

扱いは個人事業主なの?

 
チャットレディは個人事業主扱いです。

個人事業主の特徴は、働くほど収入が増える可能性がありますが、働かなければ1円も入ってきません。
いわゆるフリーランスです。

フリーランスの場合、何も対策せず確定申告すると税金が高くなります。
チャットレディも何も対策しなければ高額な税金を請求されてしまう可能性が大いにあります。

また、チャットレディはどのサイトで働いても報酬の単価が高いため、高収入になる可能性が高く、そのまま確定申告をすれば高額な納税を求められることになり、翌年に次々と高額な納付書が税務署から届くようになります。

この納付書の払込期日が過ぎても無視し続けた場合、強制的に銀行の口座が差押えられたり、自宅まで税務署の人がやってきて持ち物を差押えられたりと厄介なことになります。

そんな最悪のケースを避ける為に、

  • 開業届
  • 青色申告承認申請

の2つを申請しておくことをおすすめします!
税務署に行けばすぐに手続きしてくれる簡単な内容なので物怖じせずに行ってみましょう!

 

税理士に任せるメリットとデメリット

 

個人事業主として働くチャットレディの皆様は毎年、確定申告を行い申告と納税をする必要があります。
また、白色申告であれ青色申告であれ、帳簿付けをする必要があります。そこで気になるのが、税理士に依頼すべきかということでしょう。

メリット

  • 全部まとめてお任せできる
  • 計算や仕訳の正確性が担保される
  • 万一税務調査が来た際に対応してくれる
  • 確定申告書類作成の時間を取らなくていいのでその分チャットレディに専念できる
  • 税金のことについて相談ができる

デメリット

  • 顧問料がかかる
  • 税理士が認めてくれない場合は経費にできないものが出てくる

大きなデメリットはやはり顧問料がかかる費用面ではないでしょうか?
実際のところ、自分で記帳と書類作成を行えるのであれば税理士にお願いしなくてもなんとかなるのですが、税理士に依頼するメリットの方が多いことが事実です。

毎年1月くらいになると税務署が開催している現役税理士が教えてくれる無料相談会なんかもありますのでそちらを活用してみるのも一つの手段ですね!

ここまでまで読んでくださってありがとうございました。
ぜひ参考にしてみてくださいね!